HOME >> テクノロジー >> 疑似乱数応用技術





通信分野における技術


現代のデジタル無線通信に不可欠な良質な擬似乱数は、効率と信頼・安全を提供します。

有限な資源である周波数を世界中の人々が社会の重要なインフラとして利用しています。

携帯電話をはじめとするデジタル無線通信システムは、電波の有用性、利便性から社会生活に不可欠なシステムとなっていますが、今後ますます増加する利用者、通信データを考慮するとより一層の周波数利用効率化が求められます。

携帯電話を例にとれば、少ない基地局に多くのユーザを収容しインフラ整備のコストを低減することにより低減したコストをサービスの向上へと振り向けることでユーザの利便性は高まるというものです。しかし、ここで通話品質が低下しては意味がありません。このときに良質な擬似乱数が力を発揮します。この擬似乱数を品質の良否により、現在携帯電話通信技術の主流であるCDMA(符号分割多重化方式)の性能が決定します。CDMAの特徴は、同一周波数に複数の携帯端末を収容して同時に通信ができることにあります。通話品質が高いこと、つまり妨害干渉に強く、通信エラーを起こさない、しかも通信内容の秘匿性が高いという特徴もあります。これらの特徴を決定づける要素が擬似乱数です。拡散符号といわれる符号に擬似乱数が利用されます。

バイテックでは、CDMA技術に最適化した擬似乱数を符号化資源として、ハードウエアにより提供することを検討しています。




コンピュータシミュレーションにおける開発テーマ


 バイテックの擬似乱数生成技術を、適用したモンテカルロ法シミュレーションエンジン
の開発を行います。













 関連する技術
 ・