HOME >> 会社情報 >> 会社基本方針





会社基本方針


品質色方針


色当社の社会的な役割は,豊富な経験と幅広い知識をもって顧客の事業活動を支援し,もって社会の発展に寄与することにある。この使命を果たすため,当社の役員,従業員は次の方針に従って行動し,顧客の満足と信頼が得られるよう努めるものとする。


1】要求事項に適合する製品,技術,サービスを提供する


 (1)顧客及び法令・規則の要求事項を明確にする。

 (2)要求事項を満足するのに適切なプロセスを計画し,実行する。

 (3)予防処置をとり,不適合の発生防止に努める。




【2】品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善する


(1)業務プロセスを適切なものに維持し,その有効性を高める。

(2)技術標準及びデータベースを整備し,知識・経験の共有化を図る。

(3)教育・訓練によって要員の能力を高め,品質意識の高揚を図る。

(4)取引先の能力を把握し,良好な協力関係の維持に努める。




3】倫理を重んじ,顧客,取引先には真摯,誠実に対応する






危機管理基本行動指針


当社は、誠実かつ公正に事業を展開し、社会との良好な関係を維持して、企業の永続的発展を目指す。そのためには、経営に重大な影響を及ぼす惧れのある様々な危機を未然に防止し、また、万一発生した場合緊急事態を早期に修復しなければならない。よって、当社および関連会社の役職員はすべて、日頃の業務遂行の指針として活用し、また社会人として良識と責任ある行動をとるべく基本行動指針を以下の通り定める。[未然防止の指針]

1】法令の遵守

国内外の法令、国際ルールおよびその精神を遵守するとともに社会的良識をもって行動する。違法な行為はもちろん、不当な手段による利益追求や透明性に欠ける行動はしない。


2】知的資産の尊重

特許、商標、著作権、技術情報などの知的資産を重視かつ尊重し、第三者の知的財産権を侵害しない。


3】情報開示

ステークホルダーはもとより、広く社会が必要としている情報の適時適切な開示、積極的な広報活動を行い、企業活動に対する内外の信頼を得る。


4】情報管理

重要な経営資源である企業情報および顧客その他取引先の情報等の機密情報ならびに証券取引法に定める内部情報は、会社に無断で社外に開示・漏洩しない。また、情報の管理体制、ルールを整備し、適切な情報管理を徹底する。


5】品質マネージメント

所定の「品質方針」に従い、業務プロセスを適切なものに維持し、所与の品質目標を達成することにより、顧客の信頼と満足を得る。


3】安全・健康・環境への取り組み

所定の「安全・健康・環境に関する基本方針」に従い、安全・健康を確保し、環境を保全し、もってエンジニアリング会社としての社会的責任を果たし、顧客と社会からの信用の維持拡大に努める。


7】従業員の尊重

従業員の人格、個性を尊重し、安全で働きやすい環境を確保するとともに、個人の創造力と価値を最大限に高める企業風土の醸成に努める。


8】指針の遵守・実践

当社役員および関連会社役員は、本指針の趣旨の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範して本指針を遵守・実践するものとし、各々の従業員への周知徹底と社内体制の整備を行う。また、従業員においても本指針の趣旨を尊重し、遵守・実践する。さらに、当社役員および関連会社役員は、本指針に反するような事態が発生したときは、自ら解決に当たり、原因究明、再発防止に努め、権限と責任を明確にしたうえで、適正に対処する。


9】罰則

本指針に違反する行為が就業規則違反に該当する場合は、就業規則に基づく処罰の対象となる。





[発生後の指針]

1】迅速、適確な行動と緊急事態の早期修復

万一危機が発生した場合は、危機の内容に応じて定めた規程、緊急体制または対応マニュアルに則り、 即座に通報し、緊急事態を早期に修復するため迅速、適確に 行動する。


2】危機管理タスクチームまたは緊急対策本部による対処

会社の経営に重大な影響を及ぼす惧れのある危機が発生したときは、所定の危機管理タスクチームが即時に活動を開始する。タスクチームは全社課題として危機に 取り組み、信頼の回復と緊急事態の早期修復のため適宜、適切に措置をとる。なお、極めて重大な影響を及ぼす惧れのある危機が発生した場合は、緊急対策本部を設置し、対策本部長は本部組織を通じて同様の措置をとる。






情報セキュリティポリシー

情報は,他の重要な事業資産と同様に,当社にとって価値がある資産であり,適切に保護する必要がある。事業継続を確実にすること,事業損害を最小限にすること,並びに投資に対する見返り及び事業機会を最大限にすることを目的として,当社に勤務するすべての役員,従業員は次の方針に従って行動し,広範囲にわたる脅威から情報資産を保護するよう努めるものとする。


1】当社が保有する情報資産に対して,情報セキュリティを実現する。

*情報セキュリティとは,情報の機密性,完全性及び可用性を確保し,維持することをいう。


2】事業上及び法令・規制上の要求事項,並びに顧客,ライセンサ,パートナー等との契約に基づく情報セキュリティ義務を遵守する。


【3】適切なセキュリティ管理策を実施して,情報セキュリティの喪失が資産に及ぼす影響を最小限にする。


4】事業継続のために必要な情報セキュリティに関する管理計画を策定し,維持する。


5】教育・訓練によって,役員,従業員の情報セキュリティに関する意識の高揚を図る。






知的財産の創出・管理・活用に関する基本理念


1】我々は、お客様のニーズに対して、当社の擁する業務に通暁した人財を担い手として、当社のこれまでの豊富な実績を通じて得られた知見や知的創造の取組みの成果等、当社の誇る知的財産に裏付けられた総合エンジニアリング力とプロジェクト・マネジメント力を発揮し、当社とともに経験を積んだ信頼できるアライアンス・パートナーとともに、的確なEPCソリューション及びeソリューションを提供する。我々は、また、これをもって世界経済に貢献できることを誇りとする。


2】我々は、EPCソリューション及びeソリューションの提供を通じて、新たな知的財産を築き上げ、その知的財産を活用して、新たなソリューションを提供する、「知的ソリューション創造サイクル」を構築し、お客様のニーズに対して、より良いEPCソリューション及びeソリューションを提供する。


3】我々は、当社の知的財産が侵害され、又は不当な取扱いを受けることがないよう、同時に、また、他者の知的財産については、適正な評価に基づき対応し、これを侵害することのないよう、必要な取組みを行うことにより、当社によるEPCソリューション及びeソリューションの提供を受けるお客様に対して、知的財産に関する安心と信頼を提供する。